FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL】ボリンジャーバンドのバンドにタッチしたらシグナルを表示するインジケーター【中級編】

MQL ボリンジャーバンド サインインジケーター 作成MT4インジケーター作成

ボリンジャーバンドのバンドにタッチしたらシグナルを表示するインジケーター

ボリンジャーバンドのバンドにタッチしたらシグナルを表示するインジケーターを作成していきます。

  • ボリンジャーバンドを表示する
  • バンドにタッチしたらシグナルを表示する

メタエディタ(MetaEditor)を立ち上げる

メタエディタ(MetaEditor)を立ち上げましょう。操作は以下に記載しています。

【MQL】カスタムインジケーターを作成の流れについてわかりやすく説明してみた
カスタムインジケーターの作成の流れ カスタムインジケーターの作成の流れを説明していきます。 メタエディターを起動する MetaEditor(メタエディタ)をMT4から起動させる方法は以下の通りです。 ツール→メタエデ...

今回は名前を「BB-SIGNAL」で作成します。

プロパティを記述する

プロパティを記述しましょう。プロパティは

  • ボリンジャーバンドの上バンド
  • ボリンジャーバンドの中央ライン
  • ボリンジャーバンドの下バンド
  • 上矢印
  • 下矢印

の合計で5個になります。

#property indicator_chart_window
#property indicator_buffers 5//バッファ5つ
#property indicator_color1 Green//緑色
#property indicator_color2 Green//緑色
#property indicator_color3 Green//緑色
#property indicator_color4 Blue//青色
#property indicator_color5 Red//赤色
#property indicator_style1 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_style2 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_style3 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_style4 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_style5 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_width1 2//幅2
#property indicator_width2 2//幅2
#property indicator_width3 2//幅2
#property indicator_width4 2//幅2
#property indicator_width5 2//幅2
Copy

バッファを定義する

バッファを定義していきます。

BufUP[]は上バンド、BufCenter[]は中央ライン、BufDOWN[]は下バンドなります。

BufUP_Arrow[]は上矢印でBufDOWN_Arrow[]は下矢印になります。

double BufUP[];//上バンドバッファ
double BufCenter[];//中央ラインバッファ
double BufDOWN[];//下バンドバッファ
double BufUP_Arrow[];//上矢印バッファ
double BufDOWN_Arrow[];//下矢印バッファ
Copy

パラメーターを記述する

今回はボリンジャーバンドの期間をユーザーに決められるように設定します。

バッファの定義の下に以下のグローバル変数を記述しましょう。

input int BB_Period = 20;//ボリンジャーバンドの期間
Copy

Oninit()関数に記述する

Oninit()関数に記述していきましょう。

   SetIndexBuffer(0, BufUP);//インデックス0にBufUPを紐付け
   SetIndexBuffer(1, BufCenter);//インデックス1にBufCenterを紐付け
   SetIndexBuffer(2, BufDOWN);//インデックス2にBufDOWNを紐付け
   SetIndexBuffer(3, BufUP_Arrow);//インデックス3にBufUP_Arrowを紐付け
   SetIndexBuffer(4, BufDOWN_Arrow);//インデックス4にBufDOWN_Arrowを紐付け
   SetIndexStyle(3,DRAW_ARROW);//インデックス3を矢印表示
   SetIndexArrow(3,233);//インデックス3を矢印の種類
   SetIndexStyle(4,DRAW_ARROW);//インデックス4を矢印表示
   SetIndexArrow(4,234);//インデックス4を矢印の種類
Copy

OnCalculate()関数に記述する

OnCalculate()関数に記述していきましょう。

未だ計算されていないバー数(チャート上のバー数 – 計算済みバー数)を取得します。

int limit = Bars-IndicatorCounted();

iBandとはボリンジャーバンドの関数になります。今回はバンド3情報を格納します。

BufUP[i] = iBands(NULL,0,BB_Period,3,0,PRICE_CLOSE,1,i);
BufCenter[i] = iBands(NULL,0,BB_Period,3,0,PRICE_CLOSE,0,i);
BufDOWN[i] = iBands(NULL,0,BB_Period,3,0,PRICE_CLOSE,2,i);

配列を空にします。

BufDOWN_Arrow[i] = EMPTY_VALUE;//配列を空にする
BufUP_Arrow[i] = EMPTY_VALUE;//配列を空にする

もしもボリンジャーバンドの3σの上バンドよりも高値が高い場合に

if(BufUP[i]<High[i])

高値の30*Pointずらした場所に下矢印を表示させます。

BufDOWN_Arrow[i] = High[i]+30*Point;

もしもボリンジャーバンドの3σの下バンドよりも安値が低い場合に

if(BufDOWN[i]>Low[i])

安値の30*Pointずらした場所に上矢印を表示させます。

BufUP_Arrow[i] = Low[i]-30*Point;

これでOnCalculate()関数は完了です。

   int limit = Bars-IndicatorCounted();//未だ計算されていないバー数(チャート上のバー数 - 計算済みバー数)
   for (int i = limit-1; i>=0; i--)
   {
     BufUP[i] = iBands(NULL,0,BB_Period,3,0,PRICE_CLOSE,1,i);//上バンド表示
     BufCenter[i] = iBands(NULL,0,BB_Period,3,0,PRICE_CLOSE,0,i);//中央ライン表示
     BufDOWN[i] = iBands(NULL,0,BB_Period,3,0,PRICE_CLOSE,2,i);//下ライン表示
     
     BufDOWN_Arrow[i] = EMPTY_VALUE;//配列を空にする
     BufUP_Arrow[i] = EMPTY_VALUE;//配列を空にする

     if(BufUP[i]<High[i])//上バンドよりもローソク足の高値が高い場合
     { 
       BufDOWN_Arrow[i] = High[i]+30*Point; //高値の3pips上に下矢印を表示
     } 
     if(BufDOWN[i]>Low[i])//下バンドよりもローソク足の安値が低い場合
     {
       BufUP_Arrow[i] = Low[i]-30*Point;//安値の3pips下に上矢印を表示する
     }
  }
Copy

コンパイルする

コンパイルしてチャートにボリンジャーバンドが表示さており、

バンドにタッチしたらシグナルが表示されていたら完了です。

MQL インジケーター作成 ボリンジャーバンド サインインジケーター

また、今回はグローバル変数を使ってユーザーに自由に入力できるようにカスタムしたので、

インジケーターの設定画面からパラメーターを自由に変更できる仕様となっております。

MQL インジケーター作成 ボリンジャーバンド サインインジケーター

パラメーターを変更すると期間が変わるので、サインの出る場所も変わってきます。

MQL インジケーター作成 ボリンジャーバンド サインインジケーター

ソースコード全体

//+------------------------------------------------------------------+
//|                                                    BB-SIGNAL.mq4 |
//|                     Copyright 2020, FX-EA System Project Creator |
//|                        https://creator.fx-ea-system-project.com/ |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright 2020, FX-EA System Project Creator"
#property link      "https://creator.fx-ea-system-project.com/"
#property version   "1.00"
#property strict

/*プロパティ*/
#property indicator_chart_window
#property indicator_buffers 5//バッファ5つ
#property indicator_color1 Green//緑色
#property indicator_color2 Green//緑色
#property indicator_color3 Green//緑色
#property indicator_color4 Blue//青色
#property indicator_color5 Red//赤色
#property indicator_style1 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_style2 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_style3 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_style4 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_style5 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_width1 2//幅2
#property indicator_width2 2//幅2
#property indicator_width3 2//幅2
#property indicator_width4 2//幅2
#property indicator_width5 2//幅2

/*バッファ*/
double BufUP[];//上バンドバッファ
double BufCenter[];//中央ラインバッファ
double BufDOWN[];//下バンドバッファ
double BufUP_Arrow[];//上矢印バッファ
double BufDOWN_Arrow[];//下矢印バッファ

/*パラメーター*/
input int BB_Period = 20;//ボリンジャーバンドの期間

//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function                         |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
  {
//--- indicator buffers mapping
   SetIndexBuffer(0, BufUP);//インデックス0にBufUPを紐付け
   SetIndexBuffer(1, BufCenter);//インデックス1にBufCenterを紐付け
   SetIndexBuffer(2, BufDOWN);//インデックス2にBufDOWNを紐付け
   SetIndexBuffer(3, BufUP_Arrow);//インデックス3にBufUP_Arrowを紐付け
   SetIndexBuffer(4, BufDOWN_Arrow);//インデックス4にBufDOWN_Arrowを紐付け
   SetIndexStyle(3,DRAW_ARROW);//インデックス3を矢印表示
   SetIndexArrow(3,233);//インデックス3を矢印の種類
   SetIndexStyle(4,DRAW_ARROW);//インデックス4を矢印表示
   SetIndexArrow(4,234);//インデックス4を矢印の種類
//---
   return(INIT_SUCCEEDED);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function                              |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnCalculate(const int rates_total,
                const int prev_calculated,
                const datetime &time[],
                const double &open[],
                const double &high[],
                const double &low[],
                const double &close[],
                const long &tick_volume[],
                const long &volume[],
                const int &spread[])
  {
//---
   int limit = Bars-IndicatorCounted();//未だ計算されていないバー数(チャート上のバー数 - 計算済みバー数)
   for (int i = limit-1; i>=0; i--)
   {
    BufUP[i] = iBands(NULL,0,BB_Period,3,0,PRICE_CLOSE,1,i);//上バンド表示
    BufCenter[i] = iBands(NULL,0,BB_Period,3,0,PRICE_CLOSE,0,i);//中央ライン表示
    BufDOWN[i] = iBands(NULL,0,BB_Period,3,0,PRICE_CLOSE,2,i);//下ライン表示

    BufDOWN_Arrow[i] = EMPTY_VALUE;//配列を空にする
    BufUP_Arrow[i] = EMPTY_VALUE;//配列を空にする
      if(BufUP[i]<High[i])//上バンドよりもローソク足の高値が高い場合
      { 
        BufDOWN_Arrow[i] = High[i]+30*Point; //高値の3pips上に下矢印を表示
      } 
      if(BufDOWN[i]>Low[i])//下バンドよりもローソク足の安値が低い場合
      {
        BufUP_Arrow[i] = Low[i]-30*Point;//安値の3pips下に上矢印を表示する
      }
   }
//--- return value of prev_calculated for next call
   return(rates_total);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
Copy

まとめ

今回はボリンジャーバンドを活用したサインインジケーターの作成でした。

徐々に様々なことができるようになってきたと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました