FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL】RSIの値を取得する『iRSI関数』についてわかりやすく説明してみた

MQL インジケーター作成 iRSI関数MT4インジケーター作成

iRSI関数

iRSI関数とはRSIの値を取得するために使用します。

iRSI関数の書式

double iRSI(
string symbol, // 通貨ペア
int timeframe, // 時間軸
int period, // 平均期間
int applied_price, // 適用価格
int shift // シフト
);

iRSI関数の引数の説明

string symbol(通貨ペア)

通貨ペア名を指定せず、チャートの通貨ペアのRSIの値を取得したい場合は、「NULL」。

int timeframe(時間軸)

RSIの値を計算する時間軸の指定。

種類定数説明
PERIOD_CURRENT0現在の時間足
PERIOD_M111分足
PERIOD_M555分足
PERIOD_M151515分足
PERIOD_M303030分足
PERIOD_H1601時間足
PERIOD_H42404時間足
PERIOD_D11440日足
PERIOD_W110080週足
PERIOD_MN143200月足

int period(期間)

RSIの値を計算する期間の指定。

int applied_price(適正価格)

RSIの値の計算に使用する価格データの指定。

種類定数説明
PRICE_CLOSE0終値
PRICE_OPEN1始値
PRICE_HIGH2高値
PRICE_LOW3安値
PRICE_MEDIAN4
中央値
(高値+安値)÷2
PRICE_TYPICAL5
代表値
(高値+安値+終値)÷3
PRICE_WEIGHTED6
加重終値
(高値+安値+終値+終値)÷4

⑦int shift(いくつ前のRSIの値を使うか)

RSIの値を取得したいバーの位置の指定。

RSIの値を取得したいバーが現在のバーのときは「0」、1本前のバーのときは「1」、2本前のバーのときは

「2」……x本前のバーのときは「x」。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました