FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【コピペでできる】プログラミング初心者でも簡単に作れる!!MT4でカスタムインジケーターを作成するまでの手順をまとめてみた!!

インジケーターの種類

そもそもインジケーターには様々な種類のプログラムがあります。

  • テクニカル指標系インジケーター(トレンド・オシレータ)
  • サイン系インジケーター
  • パターン抽出系インジケーター
  • 目盛り系インジケーター
  • トレード情報系インジケーター
  • 補助ツール系インジケーター
【MQL】トレードで利用される6種類のインジケーターの特徴についてまとめてみた
インジケーターの種類 インジケーターには様々な種類が存在しています。 今回は、インジケーターの種類について紹介したいと思います。 テクニカル指標系インジケーター(トレンド・オシレータ) サイン系インジケーター ...

テクニカルインジケータ関数

テクニカルインジケータ関数とは、標準インジケーター及びカスタムインジケーターの計算を行う関数です。

MT4でトレードする際に活用する標準インジケーターを利用します。

テクニカルインジケーター関数を活用することで、

カスタムインジケーターやEAなどの任意のインジケーターの値を取得するします。

全てのテクニカルインジケータ関数は以下の2つのパラメータを持っています。

  • 通貨ペア
  • 時間軸

よって任意のインジケーターは現在のチャートだけではなく、

通貨ペア・時間軸のデータを計算することも可能です。

【MQL】標準インジケーターの計算を行う『テクニカルインジケーター関数一覧』についてまとめてみた
テクニカルインジケーター関数詳しくは以下の記事をiMA()iMACD()iRSI()iStochastic()

オブジェクト関数

オブジェクトとは、チャート上に表示する様々な図形を表示するための関数になります。

  • ライン系:トレンドライン,水平線,フィボナッチライン等
  • 情報系:スプレッド,時間,通貨ペア等

などを表示するために必要になります。

【MQL】図形やラインを表示させるための『オブジェクト関数一覧』についてまとめてみた
オブジェクト関数 オブジェクト関数とは、グラフィカルオブジェクトを操作する為の関数です。 オブジェクト関数はかなり量があるので、よく使うオブジェクト関数をご紹介したいと思います。 ObjectCreate 指定したチャートに指定...

Alert関数

Alert関数とは、言葉の通りアラートを出す関数です。特定の場面でアラートを鳴らすことが可能です。

例えば、PCの近くにはいるが一々画面を見るのは面倒などというという場合に役立つ関数です。

シグナルが発生した場合に音でシグナルを出したことを知らせてくれます。

【MQL】決められた条件でアラートを鳴らす『Alert関数』についてわかりやすく説明してみた
Alert関数 Alert関数は、ポップアップアラート(メッセージ)を表示させるために使用します。 Alert関数でありがちなのが、シグナルなどのサインインジケーターに使用させるケースですね。 パソコンの近くにはいても、画面を...

インジケーターの処理の流れ

MT4でトレードされている方が、何気なくインジケーターを表示したりしていますが、

プログラム上ではインジケーターがどのように処理しているのか具体的な流れを説明します。

  • STEP1
    インジケーターをチャートに挿入
    MT4のチャートにインジケーターを表示させます。
  • STEP2
    OnInit()関数が実行される
    最初の一回だけ処理されます。
  • STEP3
    OnCalculate()関数が実行される
    チャートのレートが変動するたびに繰り返し処理されます。
  • STEP4
    チャートからインジケーターを削除
    MT4に表示されているインジケーターを削除します。
  • STEP5
    OnDeInit()関数
    チャート上のインジケーターが削除された時に実行されます。

カスタムインジケーターの作成の流れ

インジケーターの処理の流れは理解したと思うので、

カスタムインジケーターの作成の流れを理解していきたいと思います。

以下の記事を参照してください。

【MQL】カスタムインジケーターを作成の流れについてわかりやすく説明してみた
カスタムインジケーターの作成の流れ カスタムインジケーターの作成の流れを説明していきます。 メタエディターを起動する MetaEditor(メタエディタ)をMT4から起動させる方法は以下の通りです。 ツール→メタエデ...

カスタムインジケーターを実際に作ってみる初級編

  • STEP1
    HelloWorldを表示させるインジケーター

    HelloWorldをチャート上に表示するだけのインジケーターです。

  • STEP2
    移動平均線を表示させるインジケーター

    移動平均線を表示をするだけのインジケーターです。

  • STEP3
    2つの種類の違う移動平均線を表示させるインジケーター

    移動平均線を2つ使い、SMAとEMAの2種類の移動平均線を表示させるインジケーターです。

  • STEP4
    移動平均線の傾きを表示させるインジケーター

    移動平均線を使って傾きを表示させるインジケーターです。

  • STEP5
    スプレッドを表示させるインジケーター

    チャート上にスプレッドを表示させるインジケーターです。

  • STEP6
    チャート上にトレード情報を表示するインジケーター

    チャート上にトレード情報を取得して表示するインジケーターです。

  • STEP7
    ローソク足の情報を取得して表示するインジケーター

    チャート上にローソク足の情報を取得して表示するインジケーターです。

  • STEP8
    前日の高値・最安を表示するインジケーター

    チャート上に前日の高値・最安のラインを表示するインジケーターです。

カスタムインジケーターを実際に作ってみる中級編

  • STEP1
    RSIの特定の条件にアラートを鳴らすインジケーター

    RSIが70以上を超えた時とRSIが30以下の時にシグナルを表示するサインインジケーターです。

  • STEP2
    RSIのサインインジケーター

    RSIが70以上を超えて下回った時とRSIが30以下で上回った時にシグナルを表示するサインインジケーターです。

  • STEP3
    ゴールデンクロス・デッドクロスのサインインジケーター

    移動平均線を2つ表示させてゴールデンクロス・デッドクロス時にシグナルを表示するサインインジケーターです。

  • STEP4
    パーフェクトオーダーのシグナルを表示するサインインジケーター

    移動平均線3つを表示させて短期・中期・長期のパーフェクトオーダー時にシグナルを表示するサインインジケーターです。

  • STEP5
    ボリンジャーバンドのバンドにタッチしたらシグナルを表示するサインインジケーター

    ボリンジャーバンドのバンドにタッチしたらシグナルが表示されるサインインジケーターです。

  • STEP6
    チャート上に残り時間を表示するインジケーター

    チャート上にローソク足が確定するまでの残り時間を表示するインジケーターです。

カスタムインジケーターを実際に作ってみる上級編

  • STEP1
    MTFで移動平均線を表示するインジケーター

    MTF(マルチタイムフレーム)と呼ばれる下位足に上位足の期間を表示させる移動平均線のインジケーターです。

  • STEP2
    ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせたインジケーター

    ボリンジャーバンドとRSIのそれぞれの条件を組み合わせたインジケーターです。

  • STEP3
    MACDとRSIを組み合わせたインジケーター

    MACDとRSIそれぞれの条件を組み合わせたインジケーターです。

  • STEP4
    パーフェクトオーダーとMACDを組み合わせたインジケーター

    移動平均線のパーフェクトオーダーとMACDを組み合わせたインジケーターです。

  • STEP5
    RSIを条件毎にシグナルを表示するインジケーター

    RSIの70以上30以下、80以上、20以下、90以上10以下などの段階毎にシグナルを表示させるインジケーターです。

  • STEP6
    勝率計算機付きのインジケーター

    BinaryOption(バイナリーオプション)などでよく見かける勝率計算を表示したインジケーターです。

  • STEP7
    RSIのダイバージェンスを表示するインジケーター
    Coming Soon
タイトルとURLをコピーしました