1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL】MT4のインジケーターやEAにメールを送る関数『SendMail関数』についてわかりやすく説明してみた

MQL言語 SendMail関数MT4インジケーター作成

SendMail関数

SendMail関数とは、インジケーターやEAにメールを送る関数になります。

よくインジケーターなどのシグナルなどをメールアドレスに飛ばしたいという人が活用する関数になります。

SendMail関数の書式

SendMail関数の書式は以下のようになります。

bool SendMail(
string subject,
string some_text
);

SendMail関数の引数の説明

SendMail関数の引数を説明します。

string subject

subjectは送信するe-mailのタイトルを指定します。

日本語文字を使用すると文字化けする場合があるのでアルファベットを使用することをおすすめします。

string some_text

some_textは送信するe-mailの本文を指定します。改行には「\n」を使用します。

SendMail関数を使う前の準備

送信先のメールアドレスなどはMT4上で行います。

MT4の上部メニューにある「ツール→オプション」を選択して、

オプション画面にある「Eメール」タブが設定画面になります。

SendMail関数ではこの設定されたメールを送信します。

設定完了後に「テスト」ボタンを押すとテストメールを送信できるので、

テストメールを受信できればSendMail関数によるメール送信も正常に行うことが可能になります。

SendMail関数の使い方

SendMail関数の使い方は以下のようになります。

string title = Symbol() + ", M" + IntegerToString(Period()) + ": Buy!!.";
string text = "Open Buy¥nat " + TimeToString(TimeCurrent());
SendMail(title, text);

まとめ

今回は、SendMail関数について解説しました。

SendMail関数はメールを活用したインジケーターやEAを使う場合は、

必須なのでぜひ使いこなせるようにしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました