FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL】チャート上にトレード情報を表示するインジケーター【初級編】

MQL MT4 インジケーター トレード情報MT4インジケーター作成

チャート上にトレード情報を表示するインジケーター

今回は、チャート上にトレード情報を表示するインジケーターを作っていきたいと思います。

以下の3つの情報をチャートウインドウに表示するインジケーターを作っていきます。

  • 通貨ペア
  • 売値BID
  • 買値ASK

メタエディタを開く

メタエディタ(MetaEditor)を立ち上げましょう。操作は以下に記載しています。

【MQL】カスタムインジケーターを作成の流れについてわかりやすく説明してみた
カスタムインジケーターの作成の流れ カスタムインジケーターの作成の流れを説明していきます。 メタエディターを起動する MetaEditor(メタエディタ)をMT4から起動させる方法は以下の通りです。 ツール→メタエデ...

今回は名前を「trade-info」で作成します。

OnDeinit()関数の記述

OnDeinit()関数の記述しましょう。

今回はCommentを活用するので削除する際もCommentを活用します。

Comment("");//チャート削除後
Copy

OnTick()関数を記述

OnTick()関数を記述していきます。

基本的に

  • Comment
  • MarketInfo

の2つを活用すればすぐにできてしまいます。

MarketInfoで通貨ペアを取得しましょう。

通貨ペアはint型ではないので、(int)を使い、無理やりint型に変更しています。

これは、Chart_digitもint型なので同じ箱にしかいれることができないからです。

MODE_DIGITSとは有効桁数を取得します。レートの少数点が4桁なら4、小数点が5桁なら5などです。

int Chart_digit = (int)MarketInfo(Symbol(), MODE_DIGITS);

Commentで通貨ペアにはSymbol()を表示させます。\n”は改行を意味しています。

通貨ペア=", Symbol(), "\n"

NormalizeDoubleというのは、指定された精度で丸められた浮動小数点数を返しています。

MarketInfoで通貨ペアのBidとAskを取得しています。

売値(BID)=", NormalizeDouble(MarketInfo(Symbol(), MODE_BID), Chart_digit), "\n",
買値(ASK)=", NormalizeDouble(MarketInfo(Symbol(), MODE_ASK), Chart_digit), "\n",
   int Chart_digit = (int)MarketInfo(Symbol(), MODE_DIGITS);//通貨のペアの小数点取得
Comment("------ チャート上の通貨ペアの情報 -----------------------------------------", "\n",
          "│ 通貨ペア=", Symbol(), "\n",//通貨ペアを表示
          "│ 売値(BID)=", NormalizeDouble(MarketInfo(Symbol(), MODE_BID), Chart_digit), "\n",//Bidを表示
          "│ 買値(ASK)=", NormalizeDouble(MarketInfo(Symbol(), MODE_ASK), Chart_digit), "\n",Askを表示
          "-----------------------------------------------------------------------------------", "\n"
         );
Copy

コンパイル

コンパイルしましょう。インジケーターを表示して左上に表示されていたら完了です。

MQL MT4 インジケーター トレード情報

ソースコード全体

//+------------------------------------------------------------------+
//|                                                   trade-info.mq4 |
//|                     Copyright 2020, FX-EA System Project Creator |
//|                        https://creator.fx-ea-system-project.com/ |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright 2020, FX-EA System Project Creator"
#property link      "https://creator.fx-ea-system-project.com/"
#property version   "1.00"
#property strict
#property indicator_chart_window

//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function                         |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
  {
//--- indicator buffers mapping
   
//---
   return(INIT_SUCCEEDED);
  }
void OnDeinit(const int reason)
  {
    Comment("");//チャート削除後
  } 
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function                              |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnCalculate(const int rates_total,
                const int prev_calculated,
                const datetime &time[],
                const double &open[],
                const double &high[],
                const double &low[],
                const double &close[],
                const long &tick_volume[],
                const long &volume[],
                const int &spread[])
  {
//---
   int Chart_digit = (int)MarketInfo(Symbol(), MODE_DIGITS);//通貨のペアの小数点取得
Comment("------ チャート上の通貨ペアの情報 -----------------------------------------", "\n",
          "│ 通貨ペア=", Symbol(), "\n",//通貨ペアを表示
          "│ 売値(BID)=", NormalizeDouble(MarketInfo(Symbol(), MODE_BID), Chart_digit), "\n",//Bidを表示
          "│ 買値(ASK)=", NormalizeDouble(MarketInfo(Symbol(), MODE_ASK), Chart_digit), "\n",Askを表示
          "-----------------------------------------------------------------------------------", "\n"
         );
//--- return value of prev_calculated for next call
   return(rates_total);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
Copy

まとめ

簡単にトレード情報を表示させることができましたね。

情報を追記して作成したらより細かく様々なデータを表示させることができるので試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました