FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL】Helloworldを表示させるインジケーターの作り方をわかりやすく説明してみた

MQL インジケーター作成 Helloworldを表示MT4インジケーター作成

Helloworldを表示させるインジケーターの作り方

今回は、Helloworldを表示させるインジケーターの作り方を説明していきます。

メタエディタ(MetaEditor)を立ち上げる

メタエディタ(MetaEditor)を立ち上げましょう。操作は以下に記載しています。

【MQL】カスタムインジケーターを作成の流れについてわかりやすく説明してみた
カスタムインジケーターの作成の流れ カスタムインジケーターの作成の流れを説明していきます。 メタエディターを起動する MetaEditor(メタエディタ)をMT4から起動させる方法は以下の通りです。 ツール→メタエデ...

今回は、Helloworldを表示するインジケーターなので、Nameに「Helloworld」を入力しましょう。

OnInit()関数に記述する

OnInit()関数に、Helloworldを入力しましょう。

その際にcomment()関数を活用します。comment()関数とはチャート上に表示する関数です。

Comment("Helloworld");//Helloworldを表示する
Copy

コンパイルする

入力が済みましたら、コンパイルボタンをクリックしてコンパイルしてください。

下のToolboxにエラーが表示されなければOKです。

メタトレーダーのナビゲーターの「Custom Indicators」を開くと、

先ほどコンパイルした「Helloworld」がありますので、好きなチャートにドラッグしてみてください。

チャートの通貨ペアの下にHelloworldと表示されていれば完了です。

MQL インジケーター作成 Helloworldを表示

ソースコード全体

//+------------------------------------------------------------------+
//|                                                   Helloworld.mq4 |
//|                     Copyright 2020, FX-EA System Project Creator |
//|                        https://creator.fx-ea-system-project.com/ |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright 2020, FX-EA System Project Creator"
#property link      "https://creator.fx-ea-system-project.com/"
#property version   "1.00"
#property strict
#property indicator_chart_window
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function                         |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
  {
//--- indicator buffers mapping
   Comment("Helloworld");//Helloworldを表示する
//---
   return(INIT_SUCCEEDED);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function                              |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnCalculate(const int rates_total,
                const int prev_calculated,
                const datetime &time[],
                const double &open[],
                const double &high[],
                const double &low[],
                const double &close[],
                const long &tick_volume[],
                const long &volume[],
                const int &spread[])
  {
//---
   
//--- return value of prev_calculated for next call
   return(rates_total);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
Copy

まとめ

今回は、簡単なHelloworldができましたね。少しでも自分の手で動く楽しさを実感したと思います。

少しずつプログラミングに慣れていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました