FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL言語入門】Sublime Text 3でMQLプログラミングの開発環境を設定する方法を徹底解説してみた

sublime Text 3 MQL言語 開発環境MQL言語入門

 Sublime Text 3とは

Sublime Text 3とはテキストエディタになります。

テキストエディタとは、文字だけで構成されたファイルを作成、編集、保存ができるソフトウェアのことです。

Sublime Textの特徴

Sublime Textの特徴は以下のとおりです。

  • Mac版Win版がありライセンス購入は1つでOK
  • 設定ファイルをDropboxなどで同期すれば一から環境設定をする必要がない
  • プラグインが豊富
  • 動作が軽い
  • エディタとしてはほぼ完璧に近い機能を持つ

Sublime Text 3 のインストール方法

Sublime Text 3 のインストールについて説明します。

dmgファイルをダウンロード

Sublime Text 3 のインストーラをダウンロードしましょう。

MacOSであればダウンロードしたdmg ファイルをダブルクリックして、

Sublime Text を Applicationsにドラッグアンドドロップしてインストール完了です。

Sublime Textの日本語環境の設定

Sublime Textは海外のツールであるためメニューバーなどがすべて英語になっています。

まずは、エディタ上でJapanizeというプラグインをインストールしていきます。

エディタを開いたら「Ctrl(Command)+ Shift + p」でPackage Controlを呼び出します。

sublime Text 3 MQL言語 開発環境

そして、「install」と入力し「Package Control: Install Package」が選択された状態でEnterキーを押します。

sublime Text 3 MQL言語 開発環境

一覧からChineseLocalizationsを選択して下さい。

Readmeが表示されメニューが日本語されればインストール成功です。

sublime Text 3 MQL言語 開発環境

Sublime Text 3でMQL言語を対応させる方法

Sublime Text 3でMQL言語を対応させる方法を説明していきます。

必要なパッケージをダウンロード

必要なパッケージをダウンロードしましょう。

ダウンロードは以下のリンクからです。

 

パッケージの登録

Sublime Text 3 を起動したら、Sublime Text -> Preferences -> Browse Packages… を選択します。

Packages以下に先ほど解凍したフォルダをコピーしてその後 Sublime Text 3 を再起動します。

動作確認

動作確認するために以下のソースコードを入力してみましょう。

int init()
{
  Print("Hello World");
}
Copy

Sublime Text 3でCtrl + Alt + m を入力すると、hello.mq4 がコンパイルされます。

そして

  • hello.ex4
  • hello.mq4

のあるディレクトリに出力されます。

また、コンパイル時のエラーや警告などのログはエディタ下部に出力されます。

まとめ

Sublime Text 3でMQLプログラミングをできる環境は整いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました