FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL言語入門】バグの原因を突きとめる『デバッグ』について徹底解説してみた

MQL言語入門 デバッグMQL言語入門

デバッグとは

デバッグとはバグと呼ばれるプログラムや関数の間違いを発見して排除する作業です。

MQL言語入門 デバッグ

バグフィックスとも呼ばれることがあります。

デバッグ(debug)のbugは英語で欠陥を意味しており、直訳すると欠陥を取り除くという意味になります。

MT4にはデバッグ機能が備わっている

MT4にはデバッグ機能が備わっています。

ツールボックスの赤枠の中をダブルクリックするとエラーが出ている行にエラーのマークがついて、

コンパイルすると構文のミスチェックをしてくれます。

よくあるエラーの間違い

よくあるエラーの間違いについて説明します。

セミコロンのツケ忘れ

プログラミング初心者に多いのがセミコロンの付け忘れですね。

基本的にプログラムの終わりはセミコロンが必要だと頭にインプットしておきましょう。

カッコのツケ忘れ

プログラミング初心者に多いのがカッコのツケ忘れですね。

カッコの数が合わない場合にエラーなどがあるのでしっかりと確認しておきましょう。

全角スペース

全角スペースを入れるとエラーがでることがあります。

基本的には半角スペースを使いましょう。

構文ミスとエラーは異なる

構文ミスがない場合はコンパイルでエラーにならないです。

プログラミング初心者の人はコンパイルエラーが無いと

そのプログラムは問題ないと勘違いする人が多いので注意が必要です。

構文ミスでないバグの場合は、ブレイクポイントを設定してソースコードの動きを観察しましょう。

分割統治法

問題は小さい方が解ける可能性が高いです。

ですので、問題がありそうな部分を小さくすることで最終的には大きな問題を解決することができます。

分割統治法

まとめ

今回はデバッグについてご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました