FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL言語入門】様々な情報を表示することが可能な『プロパティ(#property)』について徹底解説してみた

MQL言語入門 プロパティMQL言語入門

プロパティ

プロパティとはMQL4プログラムの設定に関する定義で、通常はソースコードの先頭に記述します。

#propertyはプリプロセッサ指令の1つであり、コンパイル前にプリプロセッサによって処理されます。

プロパティでEA(エキスパートアドバイザー)やカスタムインジケーターに

関する様々な情報を表示させることが可能です。

プロパティで設定した情報はMT4の設定画面にあるバージョン情報タブから確認することが可能です。

また、作成するプログラムによっては定義が必須となるプロパティもあります。

#propertyプリプロセッサ指令は#property プロパティ名 値 という使い方をし、

プロパティ名によって表されるプロパティの値として値を設定します。

#property プロパティ名 値

共通プロパティの書式の説明

共通プロパティの書式の説明をします。

version

プログラムの現在のバージョンを設定することができます。

versionを設定すると、プログラム名の右側に現在のバージョンが表示されます。

description

プログラムの概要を表示することが可能です。

descriptionを設定すると、プログラム名と著作者名の下に概要が表示されます。

descriptionは複数設定することが可能です。

複数設定した場合には改行されてすべて表示されます。

link

著作者のサイトのURLを設定することができます。

linkを設定すると、バージョン情報に表示される著作者名をクリックすると、linkで設定したURLが開きます。

copyrightを設定せずにlinkを設定した場合には、著作者名の代わりにURLが表示されます。

copyright

プログラムの著作者を紹介できます。copyrightを設定すると、プログラム名の下に著作者が表示されます。

「#property copyright」の後にダブルクォーテーションで囲った文字列が、著作者として表示されます。

インジケータプロパティの書式の説明

カスタムインジケータを作成する際にもプロパティ設定が必要です。

プリプロセッサ命令とも言います。カスタムインジケーターで必要なプロパティの書式について説明します。

indicator_buffers

カスタムインジケータのバッファ数を設定します。

インジケータ計算のバッファ数の範囲は1~512まで格納することが可能です。

indicator_chart_window

カスタムインジケータをチャートウインドウに表示します。

indicator_separate_window

カスタムインジケータをサブウインドウに表示します。

indicator_colorN

インジケータの色を指定することができます。

indicator_typeN

インジケーターの描画タイプを選択することができます。

プロパティのテンプレート

#property strict

#property version     "1.23"// ソフトバージョン

// プログラムの説明
#property description "プログラム説明1"
#property description "プログラム説明22"
#property description "プログラム説明333"

#property link        "https://creator.fx-ea-system-project.com/" //webサイトリンク
#property copyright   "FX-EA System Project Creator]"// 著作者
Copy

まとめ

今回はプロパティについて説明していきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました