FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL言語入門】通貨の最小価格単位を表す変数『Point』についてわかりやすく説明してみた

MQL言語 PointMQL言語入門

Point

MQL4で注文する際にPointを使います。

MQLにはPipsという概念が存在しません。ですのでMQLでは直接価格を指定したり、

Pointという値を活用します。

PointとPipsの違いについて

Pointを活用する際の注意点ですが、pipsは業者や通貨ペアによって異なります。

  • 円がらみの通貨かそれ以外か (USDJPY.AUDJPYなど)
  • 業者の扱う価格の小数点以下が2で割り切れる数か(小数点以下が2桁・4桁,あるいは3桁・5桁)

表で表すとこのような感じになります。

2桁・4桁業者3桁・5桁業者
USD/JPY1Pips0.01円1Pips0.010円
1Point0.01円1Point0.001円
EUR/USD1Pips0.0001ドル1Pips0.00010ドル
1Point0.0001ドル1Point0.00001ドル

つまり、

  • 小数点以下2桁・4桁業者の場合:1Pips=1Ppint=取引最小単位(取引通貨)
  • 小数点以下3桁5桁業者の場合:1Pips=10Point=取引最小単位の10倍(取引通貨)

ということです。

XMの場合は通貨の小数点以下が3桁と5桁の業者なのでPips = POINT*10になります。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました