FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL言語入門】ソースコードをコンピューター上で実行可能な形式に翻訳する『コンパイル』について徹底解説してみた

MQL言語入門 コンパイルMQL言語入門

コンパイル

コンパイルとはプログラミング言語で書かれたソースコードを

コンピューター上で実行可能な形式に変換することです。

MQL言語入門 コンパイル

コンパイルを行うソフトウェアをコンパイラと呼び、

変換されるプログラミング言語をコンパイラ型言語と呼びます。

コンパイルが必要な理由

コンパイルが必要な理由ですが、コンピューター上で実行される命令は機械語です。

人間には意味が捉えにくい数字の羅列なので機械語でプログラムを作成するのは困難です。

ですので、人間の言葉の表現により近いプログラミング言語(高水準言語)でプログラムを記述して、

その後コンパイルに寄って機械語に変換する方法が考えられました。

コンパイルできない時に確認するポイント

コンパイルできない時に確認するポイントは以下のとおりです。

  • 全角スペースを使った
  • 全角文字を使った
  • ;(セミコロン)の付け忘れ
  • スペルミス

それぞれについて説明します。

全角スペースを使った

基本的にはプログラムを書く上で全角スペースは使えません。

なので半角スペースのみを使ってください。

全角文字を使った

全角文字も基本的にNGです。記号や英字も全角は使えないので注意しましょう。

;(セミコロン)の付け忘れ

MQLでは文章の末尾に;(セミコロン)を付ける必要があります。

;(セミコロン)がついているか確認してみましょう。

スペルミス

スペルミスをすると処理が上手くできません。

まとめ

コンパイルは人間の言葉を機械語に翻訳することです。これがわかれば問題なしです。

プログラムはは必ずコンパイルを行います。

もしコンパイル失敗した場合は何か問題があるのでしっかりとエラーなどを修正できるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました