FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL】移動平均線を表示させるインジケーターの作り方【初級編】

MQL インジケーター作成 移動平均線を表示MT4インジケーター作成

移動平均線を表示させるインジケーター

今回は移動平均線を表示させるインジケーターを作っていきたいと思います。

メタエディタ(MetaEditor)を立ち上げる

メタエディタ(MetaEditor)を立ち上げましょう。操作は以下に記載しています。

【MQL】カスタムインジケーターを作成の流れについてわかりやすく説明してみた
カスタムインジケーターの作成の流れ カスタムインジケーターの作成の流れを説明していきます。 メタエディターを起動する MetaEditor(メタエディタ)をMT4から起動させる方法は以下の通りです。 ツール→メタエデ...

今回は名前を「ma-sample1」で作成します。

  • 移動平均線をチャートに表示する

プロパティを記述する

プロパティを記述していきます。

  • 赤色
  • SOLID
  • 幅3

という形でプロパティを定義していきます。

#property indicator_chart_window//メインチャートに表示
#property indicator_buffers 1//バッファ1つ
#property indicator_color1 Red//赤色
#property indicator_style1 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_width1 3///幅3
Copy

バッファを定義する

次にバッファを定義していきます。バッファはプロパティの下に記載しましょう。

double Buf[];//バッファ定義
Copy

OnInit()関数に記述する

OnInit()にバッファの設定を行います。

SetIndexBufferとはインデックスに用意したバッファを格納するための関数です。

今回は0番目にBufを紐付けさせます。

SetIndexBuffer(0,Buf);//インデックスに配列を紐付け
Copy

OnCalculate()関数に記述する

OnCalculate()関数に記述しましょう。

Barsとは、表示されているバーの本数を格納しているint型の変数です。

IndicatorCounted()は変化していないバーの本数です。

Bars-IndicatorCounted()とは、

インジケーターの確定値が計算されたバー(現在のバー以外)の本数を取得するということです。

  • Bars:チャートウィンドウに表示されているバーの本数を格納している
  • IndicatorCounted:変化していないバーの本数
int limit = Bars-IndicatorCounted();

その変数limitをfor文で繰り返します。iMA関数というのは、移動平均線のテクニカル関数になります。

詳しくは以下の記事を参照してください。

【MQL】移動平均線の値を取得する『iMA関数』についてわかりやすく説明してみた
iMA関数 iMA関数は、移動平均線の値を取得するために使用します。 移動平均線については以下の記事を参照してください。 iMA関数の書式 double iMA( string symbol,// 通貨ペアを指...
  int limit = Bars-IndicatorCounted();//バーの本数を格納-変化していないバーの本数
  for(int i=0; i < limit; i++)//iが0から始まりlimit以上になれば終了
   {
      Buf[i] = iMA(NULL, 0, 20, 0, MODE_SMA, PRICE_CLOSE, i);//期間20のSMA
   }
Copy

コンパイルする

コンパイルしてみましょう。チャートにセットして赤い移動平均線が表示されていればOKです。

MQL インジケーター作成 移動平均線を表示

ソースコード全体

//+------------------------------------------------------------------+
//|                                                   ma-sample1.mq4 |
//|                     Copyright 2020, FX-EA System Project Creator |
//|                        https://creator.fx-ea-system-project.com/ |
//+------------------------------------------------------------------+
#property copyright "Copyright 2020, FX-EA System Project Creator"
#property link      "https://creator.fx-ea-system-project.com/"
#property version   "1.00"
#property strict

/*プロパティ*/
#property indicator_chart_window//メインチャートに表示
#property indicator_buffers 1//バッファ1つ
#property indicator_color1 Red//赤色
#property indicator_style1 STYLE_SOLID//実線
#property indicator_width1 3///幅3

/*バッファ*/
double Buf[];//バッファ定義

//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function                         |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
  {
//--- indicator buffers mapping
   SetIndexBuffer(0,Buf);//インデックスに配列を紐付け
//---
   return(INIT_SUCCEEDED);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function                              |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnCalculate(const int rates_total,
                const int prev_calculated,
                const datetime &time[],
                const double &open[],
                const double &high[],
                const double &low[],
                const double &close[],
                const long &tick_volume[],
                const long &volume[],
                const int &spread[])
  {
//---
  int limit = Bars-IndicatorCounted();//バーの本数を格納-変化していないバーの本数
  for(int i=0; i < limit; i++)//iが0から始まりlimit以上になれば終了
   {
      Buf[i] = iMA(NULL, 0, 20, 0, MODE_SMA, PRICE_CLOSE, i);//期間20のSMA
   }
//--- return value of prev_calculated for next call
   return(rates_total);
  }
//+------------------------------------------------------------------+
Copy

まとめ

これで移動平均線を表示させることができましたね!!

インジケーターの表示は基本的にこのような形で行っていますので、

他のインジケーターも表示させることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました