FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL言語入門】定数をひとまとめにすることができる『Enum(列挙型)』についてわかりやすく説明してみた

MQL Enum(列挙型)MQL言語入門

Enum(列挙型)

Enum(列挙型)とは、複数の定数をひとつにまとめておくことができる型のことです。

定数をひとまとめにすることができる優れものです。

Enumで定義する定数のことを列挙子と呼びます。

Enumの特徴

Enumの特徴は以下のようになります。

  • 複数の定数(列挙子)を一つの型で統一して管理できる
  • 一つの列挙子に複数の表現が定義できる
  • 列挙子に共通の処理を定義することができる

Enumの書式について

Enumの書式は以下のとおりです。

定数のリストはそれそれ定数名をカンマ(,)で区切って指定します。

enum 列挙名 
{
    定数リスト1,
    定数リスト2,
    ・・・
};

Enumの使い道

Enumの使いみちですが、

バックテストなどで移動平均線の種類やModeの値などがわからなくなることがあります。

毎回調べるのが面倒なのでEnumを活用して、使いまわしすることが可能です。

時間軸をenumにした場合

時間軸をenumにした場合は以下のようになります。

enum timeFrame_List
{
     Current_timeFrame=0,
     M1 =1,
     M5 =5,
     M15=15,
     M30=30,
     H1 =60,
     H4 =240,
     D1 =1440,
     W1 =10080,
     MN =43200
};
input timeFrame_List TimeFrame = M5;

移動平均線の種類をenumにした場合

移動平均線の種類をenumにした場合は以下のようになります。

enum maMethod_List
{
     SMA=MODE_SMA,
     EMA=MODE_EMA,
     SMMA=MODE_SMMA,
     LWMA=MODE_LWMA
};
input maMethod_List MaMethods = EMA;

まとめ

enumを活用することでよりソースコードの見栄えが良くなるのでぜひ活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました