1,000人限定!!企画に参加してEAをGetする公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【MQL】ボリンジャーバンドの値を取得する『iBands関数』についてわかりやすく説明してみた

MQL インジケーター作成 iBands関数MT4インジケーター作成

iBands関数

ボリンジャーバンドとは、相場のボラティリティを一定期間の価格データから測定して、

統計学的な観点から価格の変動範囲を予測してチャートに表示するテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドは非常に初心者のトレーダーに人気のあるテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドのボリンジャーは開発者で投資家のジョン・ボリンジャーのナを冠したものです。

iBands関数は、ボリンジャーバンドの値を取得するために使用するための関数です。

ボリンジャーバンドの計算式

ボリンジャーバンドの計算式は以下のようになります。

標準偏差=√(n×n日間の終値の2乗の合計-n日間の終値の合計の2乗)÷(n×(n-1))

±1σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差
±2σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差 × 2
±3σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差 × 3

iBands関数の書式

iBands関数の書式について説明します。

double iBandss(
string symbol, // 通貨ペア
int timeframe, // 時間軸
int period, // 平均期間
double deviation, // 標準偏差
int bands_shift, // バンドシフト
int applied_price, // 適用価格
int mode, // ラインインデックス
int shift // シフト
);

iBands関数の引数の説明

iBands関数の引数の説明について説明します。

string symbol

symbolはボリンジャーバンドの値を計算する通貨ペア名を指定します。

int timeframe

timeframeはボリンジャーバンドの値を計算する時間軸を指定します。

種 類
定 数
内 容
PERIOD_CURRENT
現在の時間足
PERIOD_M1
1分足
PERIOD_M5
5分足
PERIOD_M15
15
15分足
PERIOD_M30
30
30分足
PERIOD_H1
60
1時間足
PERIOD_H4
240
4時間足
PERIOD_D1
1440
日 足
PERIOD_W1
10080
週 足
PERIOD_MN1
43200
月 足

int period

periodは中間線の値を計算する期間を指定します。

double deviation

deviationは以下の計算式の掛け率の値を指定します。

上方バンドと下方バンドの値は、以下の計算式により算出されます。

上方バンド:中間線の値 +(標準偏差 × 掛け率)

下方バンド:中間線の値 -(標準偏差 × 掛け率)

int bands_shift

bands_shiftはボリンジャーバンドの表示を右方向にシフトするバーの個数を指定します。

int applied_price

applied_priceはボリンジャーバンドの値の計算に使用する価格データを指定します。

種 類
定 数
内 容
PRICE_CLOSE
終 値
PRICE_OPEN
始 値
PRICE_HIGH
高 値
PRICE_LOW
安 値
PRICE_MEDIAN
中央値
(高値+安値)÷2
PRICE_TYPICAL
代表値
(高値+安値+終値)÷3
PRICE_WEIGHTED
加重終値
(高値+安値+終値+終値)÷4

int mode

modeはライン番号を指定します。

  • 中間線の値を取得したい場合:0
  • 上方バンドの値を取得したい場合:1
  • 下方バンドの値を取得したい場合:2

int shift

shiftはボリンジャーバンドの値を取得したいバーの位置を指定します。

  • 現在のバーであれば:0
  • 1本前のバーであれば:1
  • 2本前のバーであれば:2

と言う形で記述します。

まとめ

iBands関数はボリンジャーバンドを使う上で必須な関数になりますので、

ぜひしっかりと理解して使えるようにしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました