FX-EA System Projectはこちら公式ラインに登録して
プレゼントをもらう

【プログラミング基礎】プログラミングの基本となる3つの処理『順次・分岐・反復』について徹底解説してみた

MQL プログラミング基礎 順次・分岐・反復MT4プログラミング基礎

順次・分岐・反復

プログラミングは難しく感じる方が多いですが、基本的な構造は3つしかありません。

  • 順次処理
  • 分岐処理
  • 反復処理

の3つだけです。プログラミングは料理と同じです。

プログラミング 料理 同じ

料理で順次・分岐・反復を例えると以下のようになります。

順次処理:レシピ通りに調理する

分岐処理:味付けが自分と合うまで調整

反復処理:玉ねぎをきつね色になるまで炒める

といったようになります。

また、順次・分岐・反復はどのプログラミング言語でもこれは共通であり、

先に理解しておくと効率的に学習することができます。では、それぞれの処理について詳しく説明していきます。

順次処理

順次とは、提示された命令を提示された順番に実行していくことです。

MQL プログラミング基礎 順次

順次処理は、プログラムの基本中の基本です。先頭から順番に1つずつ命令を実行していきます。

歯を磨く→ご飯食べる→服着替える→電車に乗る→会社に着く

みたいなイメージで1つずつ処理を行っていきます。

分岐処理

分岐処理とは、ある条件にもとづいて次に行う動作を変えることです。

MQL プログラミング基礎 分岐

もう少し簡単に言うと「もし〇〇なら、××する」という条件付きの処理になります。

もし朝雨が降っていたら傘を刺すというようなイメージです。

反復処理

反復処理とは、指定された範囲の動きを繰り返す動きことです。

MQL プログラミング基礎 反復

もう少し簡単に言うと「○○するまで、××を繰り返す」ということになります。

カップラーメンを食べる時に3分経つまで待つのと同じです。

まとめ

今回は順次・分岐・反復の3つを説明しました。

プログラムは基本的にこの3つの動きで成り立っているので非常にシンプルです。

ポイント

順次処理:提示された命令を提示された順番に実行していくこと
分岐処理:ある条件にもとづいて次に行う動作を変えること
反復処理:指定された範囲の動きを繰り返す動きこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました